恐いゲームが苦手です。
最近のゲームは映像がリアル過ぎて、
夜中にやった日には現実との境が分からなくなり恐怖度は振り切れんばかりです。
現代はもちろん、ファミコン時代にもホラーゲームは存在しました。
有名どころは「スウィートホーム 」。
「バイオハザード」の前進ともいわれています。
今見るとグラフィックのせいかそうでもないような気もしますが、
クローズドの舞台はやはり恐い。
近所の井之頭病院で採用を募集しているのですが、
病院でやったらさぞ恐ろしいでしょうね。