大阪の物件探しでは駅からの距離に注意!

大阪にはお手ごろな貸事務所がたくさんありますが、格安と呼べるものは多くありません。
もしそのレベルの物件を求めるなら、いくつかのポイントを事前に把握しておくことが大切です。
もちろん間取りや設備によっても家賃は変わってきます。
特に延べ床面積が金額に与える影響は大きく、ほぼ比例しているといっても過言ではないでしょう。
ただし、それはあくまでも同じエリアで比較した場合の話しです。
言い換えると、エリアの選び方によっては、格安の賃貸事務所を借りられるというわけです。

また、物件の詳細をチェックするときは、駅からの距離を念頭に置いて必要があります。
やはり駅に近いほど家賃の相場は高くなっていくのが一般的です。
梅田や難波といった都心部では、驚くほど高いことも珍しくありません。
場所的にビジネスを展開しやすいというメリットはありますが、大きな固定費が発生する点に注意を要します。
格安であることを重視するなら、駅近の賃貸事務所は候補から外しましょう。

大阪でも住宅街なら家賃を抑えやすい!

昔から大阪に住んでいる人なら、土地勘によってどこが安いのか見当をつけやすいです。
そうでない場合は、オフィス街かどうかを一つの判断基準にすると良いでしょう。
大阪には淀屋橋をはじめとして有名なオフィス街がいくつもあります。
もちろん、オフィス街にあると家賃は高いことが多いので、なるべく郊外の貸事務所から選択するのが得策です。
大阪は都会というイメージがあるかもしれませんが、郊外には地方とさほど変わらない田舎も存在します。
そこには破格といえるほど安い貸事務所も多くあるのです。

なお、住宅街にある貸事務所を借りることも賢い選択です。
住宅街は人々が生活する場所なので、用途の異なる物件は安く貸し出される傾向があります。
貸事務所もビジネスに特化しており、住宅街の一般的な用途とはかけ離れた物件です。
そのため、相場よりもはるかに安く契約できる可能性があります。
ITビジネスなど、場所を選ばない事業ならそのようなエリアでも特に問題はないでしょう。

まとめ

関西圏で大阪の家賃相場は決して安くありません。
そのため、あえて周辺の県にオフィスを構える事業主も多いでしょう。
しかし、やはりビジネスの中心から離れることによって、フットワークが鈍くなるなどのデメリットも生じてしまいます。
そこでポイントになるのは、大阪内でできるだけ安い貸事務所を借りることです。
そのような物件を借りられると、長期的にビジネスチャンスが広がることも見込めます。
駅からの距離を重要な指標としつつ、郊外と住宅街を中心に探してみると良いでしょう。