大阪の貸事務所を借りるときの賃料

大阪は東京に次ぐ大都市であり、西日本の経済の中心でもあります。
そこでビジネスをするためは、拠点となる貸事務所を借りる必要があります。
その際に、賃料をどのくらい支払うのかが問題になります。
大都市であえば、相応に貸事務所の賃料が高くなります。
特に梅田のような再開発が行われて活気のエリアのオフィスともなれば、賃料はかなりの金額です。
ですから、そういったエリアを拠点にできるのは、一流企業や弁護士など収入が高い専門家が多いです。

人気のエリアを外せば賃料も下がりますが、そうなると会社のステータスが落ちますし取引先との商談もしにくくなります。
やはり、多少の無理をしてでも、人が集まる場所を選んだほうがメリットが大きいです。
貸事務所の賃料を少しでも安くしたいならば、大家と直接交渉をしてみましょう。
大家の得るはずだった利益を減らすということになるので、簡単には了承してくれないでしょうが交渉次第で格安で借りる事ができます。

大家に賃料の交渉をするときに注意するべきこと

大阪の貸事務所を格安で借りたいと、大家との直接交渉に臨むときには強気な態度を取らないように注意しましょう。
賃料を下げるということは、借りる側にとっては得することだけど、大家には損です。
それなのに下げて当たり前、絶対に要求を通すという態度で交渉をすれば、反発を受けてしまいます。
大阪の貸事務所ですから、探せば他にも借りたいという会社は見つかるでしょう。
大家としては、不快な思いをしてまで貸したいと思うことはありません。
良ければ賃料を下げてもらえないか、というように控えめな態度で交渉をしましょう。

それから、交渉をする時期や相場というのを調べておくべきです。
一般的にはオフィス移転や起業する人が多い春頃になると、大阪の貸事務所の需要が高まります。
そういうときに、貸事務所を格安で貸して欲しいと頼んでも、大家はより高い賃料を払う相手を探すことになるでしょう。
できれば時期をずらしたほうが良いです。
また、交渉で相場を大きく下回る金額になるよう引き下げを要求しても無理です。
大阪の不動産会社をめぐって相場を勉強すれば、現実的な値下げラインがわかるので話を上手くまとめることができます。

まとめ

大阪は、日本で有数の大都市であり貸事務所の賃料も人気のエリアでは高くなります。
そこで大家と直接交渉をして、賃料を下げてもらえば格安で借りられる可能性が生まれます。
その際には、強引な態度は禁物です。
そして、交渉が上手くいく時期や大阪の貸事務所の相場の勉強をしておきましょう。
需要が少ない時期を選び、相場から値下げできる限界を把握した上で交渉をすれば、話を上手くまとめる事ができます。
こういったことに注意すれば、格安で大阪の貸事務所を借りられます。